主な活動

ラブ・ジ・アース ミーティング7th

ラブ・ジ・アース ミーティング7th

この活動の象徴ともいえる海岸清掃イベントの日がやってきた。
10月8日(日)、ラブ・ジ・アースミーティング7th。
ついに7回目を迎えることになった今回の開催地は、
昨年10月に開催した場所と同じ静岡県マリンパーク御前崎。
前回も全国からたくさんのライダーが集結し、
たくさんのゴミを拾ってくれたのだが、
天然記念物にも指定されているアカウミガメの産卵地である
砂浜の奥のエリアを十分に拾いきれなかった。
そこで今回は「リベンジ!」なのである。
が、その強い決意とは裏腹に、
実はたまらなく不安なことがあった。
それは「前回より参加人数が上回るか」ということ。
なにせ"ゴミ拾い"がテーマの地味なイベントである。
もちろん、一度でも参加してくれたら、
きっと「ステキな気持ち」を持って
帰ってくれてるに違いない、
と信じてはいるけれど、
いったいどれだけの人が「また参加しよう」
と思ってくれているのだろうか。
前回来てくれたライダーは今回もまた来てくれるか?
ステキな気持ちを誰かに伝え、
そしてその人を誘って来てくれるか?
「2度目の開催場所」という、
ラブ・ジ・アースミーティング初のチャレンジ。
成功を祈るような思いで、現地に向かったのだった。

ミーティング当日、AM7:00。
会場の上空は雲ひとつない秋晴れで、
青い海の向こうには素晴らしいラインを描いた富士山の姿が。
最高のロケーション! と思いきや、風がものすごく強い。
あまりの強風で前日セッティングしたステージが
浮かびあがってしまうほどだ。
スタッフはのぼりや横断幕などの設営に手惑いながらも、
何とかオープンの時間を迎えた。
AM9:30、
気がつけば受付にはライダーたちの長い列ができていた。
「おはようございます!」「お待たせしました!」
うれしくてうれしくて、
できるだけ大きな声を出して挨拶する。
AM10:00、
受付が落ち着いたころ海岸へ行ってみると、
正面の砂浜のゴミはウソのように消えていて、
そこにあるのはたくさんの足跡だけ。
今回の目的地でもある奥の砂浜へと
ライダーたちがどんどん移動していく。
みんなで一丸となって約2時間拾ったゴミは
4トントラック3台分にもなり、
前回以上に美しくなった砂浜が広がった。

午後からはステージイベントを開催。
当委員会・会長の北村と、2輪雑誌でおなじみ、
実行委員会のメンバーでもある佐藤信哉氏を進行役に、
まずはトークショー。
今年鈴鹿8耐で優勝した伊藤真一&辻村猛選手のほか、
富沢祥也氏、石川朋之氏、梁明氏、清原明彦氏、塚本昭一氏など
豪華なゲストを迎え、
チャリティオークション、ジャンケン大会、
そして最後に参加者全員で記念撮影をして幕を閉じた。

終わってみれば、なんと参加人数約750人。
前回の御前崎よりも、そしてこれまでの
どのミーティングよりも上回り、
過去最高の参加人数という
飛び上がるほどうれしい結果となった。
来場してくれた皆さん、本当にお疲れ様でした。

また、来年お会いしましょう。
そしてもし、まだ一度も参加したことがない方は、
ぜひ遊びに来てみてください。
きっと「ステキな気持ち」をお土産にできるはずですから。(C)

ラブ・ジ・アース ミーティング7th開催時に寄せられたメッセージです

あなたも“ラブ・ジ・アース”を発信しませんか?
ラブ・ジ・アース会員募集中!
PICK UP

最新イベント情報

ラブ・ジ・アースミーティング30th

ラブ・ジ・アースミーティング30th

千葉県 富津市 上総湊港海浜公園

2017.11.19

最新活動レポート

ラブ・ジ・アースミーティング28th

ラブ・ジ・アースミーティング28th

静岡県 牧之原市 静波海岸

2016.10.29

ラブ・ジ・アースミーティング27th

ラブ・ジ・アースミーティング27th

山形県酒田市 宮海海水浴場

2016.6.12

ラブ・ジ・アースミーティング26th

ラブ・ジ・アースミーティング26th

静岡県浜松市南区江之島町 浜松五島海岸

2015.11.15

ラブ・ジ・アースミーティング25th

ラブ・ジ・アースミーティング25th

福岡県遠賀郡芦屋町 芦屋海浜公園

2015.6.27